Diary 2017. 11
メニューに戻る
11月30日 (木)  昨日

亡くなられた方。亡くなる1時間前に、お会いした。

入院した日、Drにあと1日か2日。
と言われ、なんか来てすぐそんなこと言われるなんて、胸が苦しくてと思って病室に行った。

でも、ご家族は「もっと早くここに連れてくればよかった」と言って下さった。

「何度も見に来てくれて。
 栄養が大事だとおもって、いっぱい点滴してもらったけど、しないほうがよかったんですね・・」と。

点滴のために、全身浮腫で、尿がでないのに、点滴しちゃいかんよね。。

でも、なんかしてあげないと・・と思いなにもしないという選択肢を選ぶ勇気がない気持ちも、よくわかる。

ここに来なければ、わからなかったこと。沢山ある。。。



11月29日 (水)  ADSL

光にみんなが流れて、スイスイだったのに・・
忘れてた頃に、終了宣言!!

**************
東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、ADSLアクセス回線サービス「フレッツ・ADSL」の提供を2023年1月31日で終了すると発表した。新規受付はすでに2016年6月末で終了していた。

 フレッツ・ADSLの提供を終了するのは、光ファイバーによるアクセス回線サービス「フレッツ光」(フレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライト)が提供されているエリアにおいて。フレッツ光のエリアカバー率は11月現在、NTT東日本が99%、NTT西日本が93%(いずれも、NTTの固定網設備におけるエリアカバー率)に上っている。
 なお、NTT東日本では、2023年1月31日時点でフレッツ光が提供されていないエリアにおいては、フレッツ・ADSLのサービスを終了する予定は現在のところないとしている。

 フレッツ・ADSLの契約者は東日本が37万7000件、西日本が47万件。NTT東西では、フレッツ光などへの移行を検討するよう呼び掛けている。

 NTT東日本では、フレッツ・ADSLからフレッツ光への移行者を対象に、フレッツ光の初期工事費を無料とする施策を実施する。2017年12月1日〜2018年5月31日までの申し込みが対象となる。また、他の通信事業者が提供しているADSLサービスからフレッツ光への移行者についても、同様に初期工事費を無料にする。対象となる事業者(11月30日現在)は、ソフトバンク(Yahoo! BB、ホワイトBB、旧イー・アクセスなど)、TOKAIコミュニケーションズ、長野県協同電算。


11月28日 (火)  余命


あと1日か2日です。ここまで来るとなにも出来ない。

と言われたら、JCSVであっても、事実であっても、私は嫌だ。



11月27日 (月)  記憶

いいひとよりも憎まれても記憶に残るひとになれ


11月26日 (日)  孤独に強くなれ

親友はいなくてもいい 孤立せずに孤独に強くなれ


11月25日 (土)  後悔なきよう

振り返るよりも残りの人生をカウントしましょう。


11月24日 (金)  他人のために


人生において、常に問われ続ける重要な質問はこうだ。
「他人のために何をしているか?」

--Martin Luther King, Jr.


11月23日 (木)  だれもみない

いいんだ。

だれもみなくて。

だれもこなくて。


ひっそり、生きていこうと決めたのだから。


11月22日 (水)  やりたいこと



 やりたいことは、なにもない。

 ただただ、、

 旦那に仕事があって、
 子供が健やかに穏やかに、大人になって欲しい。


11月21日 (火)  子ども

第20位 子どもを育てなかったこと

 ありがたいことに、わたしには子どもがいる。子どものおかげで生きてこれたようなものだ。いっぽう、さまざまな理由で、子どもがいないまま人生を終える人がいる。著者の経験によると、「子どもなんていなければよかった」という人は一人もいないそうな。反面、「子どもがいればよかった」という人は少なくないという。事情は人それぞれかもしれないが、心に留めておきたい。


| 1 | 2 | 3 |
2017/11
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

前月     翌月