Diary 2019. 3
メニューに戻る
3月31日 (日)  遠き記憶

「言わなくてもわかる」というのは幻想にすぎません。
とくに大人になった子供たちは当時の記憶は大体の感触しか覚えていないものです。

「親の背を見て育つ」というもの願望でしかないと思う。


3月28日 (木)  占い

あなたはもうすぐ、今までどうにも動かないと思っていた状況が好転するという幸運な出来事に遭遇しそうです。

どんなに努力をしても改善することができなかった人と離れるチャンスが到来する、辛い仕事から解放される、あなたの夢を反対していた人物の気持ちが変化するなど、どうせ変わりっこないと諦めていたことが、良い方向に動き出すでしょう。良い意味で人生は何が起こるかわからないと思えるようなミラクルがあなたを待っています。


3月27日 (水)  ライバルは無視しましょう

強い意志を持ってライバルは無視するんだよ(笑)。

とにかく、なんでもいいから、今の自分の仕事に集中するんです。

それで、上司には「育児をしているので、残業も飲み会も申し訳ないですができません。
しかし、時間内に、会社が期待するものをきっちりとこなすよう、毎日努力していますし、これからも努力します」と堂々と言ってください。

 もうこれしかないよ。そうすると、いままでと同じような環境でも、自分の意識をそこに持っていけば、環境が多少変わって見えてくるはずです。

ライバルは無視しましょう。上司が誰かを褒めていたって、「たまたまあの二人は関係がいいだけだ」と、そんなことは気にしないことです。しょせん、組織なんてそんなものなんですから。


3月17日 (日)  DV

 ――そもそもDVとは何を指すのでしょう。

 「支配し続けるために、繰り返し行う虐待行為のことです。相手を威圧する、恥をかかせる、孤立させる、怖がらせる、威嚇する、強制する、脅す、責める、無視する、感情を傷つける、けがをさせる……。身体的な暴力だけでなく、性的、経済的暴力や、心理的攻撃など、あらゆる行為があたります」

――「被害者側にも落ち度がある」という人がいます。

 「いいえ。加害者は、暴力をふるうきっかけをいつも探しています。だから被害者は避けようがありません。『お前が暴力をふるわせている』というのも、加害者の決まり文句です。しかし被害者は自分を責め、『私の努力が足りなかった』と思いがちです」

――相手の心に入り込んでいくのですね。

 「加害者は相手を見下したり、自分を可哀想に見せて同情や罪悪感を抱かせたりするように仕向け、被害者をコントロールします。卑劣で巧みな論法と話術で会話を牛耳り、わけがわからないうちに『自分が悪いからだ』と相手に思わせます。相手を洗脳して、思考を乗っ取る手口です」



NPO団体「アウェア」代表・山口のり子さん


3月14日 (木)  これって、正論じゃん。

家電量販店ノジマの社長

これって、正論じゃん。

「非常に騙すのが上手く、やるやる詐欺と、どうやって上司に認められるか、
ということだけを考えているようで、この子は使い物にならない人だな
というのが私の見立てでした」と記されている。

「人のまねをしたり噓をついたりする方々を、
皆さん見抜けるようになってください」

「是非とも格好つけでなく、お客様に真面目に向かって行動し、
心を正して進めてください」と呼びかけている。


3月7日 (木)  「新しい人間関係」を構築する

1人の人間として、自分自身の生活を楽しむことが大切です。

今までできなかったことを始めてみる、
面倒くさがらずに友人の誘いに応えて外に出てみるなど、
自分の環境を確立しましょう。


2019/3
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月