Diary 2019. 6
メニューに戻る
6月29日 (土)  発達障害

「障害児」=「劣っている子」ではないと思う。

社会は多数派の人間のために作り上げられている。
それは、それで良いし、まずは多数派の社会を構築すべきである。

しかし、それだけでは、少数派の人間(障害者)が生きづらいのは当たり前となる。
といって、少数派が生きやすい生活を個々に組織することは、社会的に無理があり、
ロスが多い。

だから、少数派の生活を多数派の社会の中にも取り入れることができたならば、
どんな人でも生きやすくなるのではないかなと思う。


6月28日 (金)  下半期の運気

笑って過ごせるのだろうか・・・

また泣くのだろうか・・・

20190628-1.jpg



6月21日 (金)  錦織が勝利への手

しかし、世界ランクという数字の魔力に、一喜一憂はしたくない。

「本当に申し訳ないけど、どうも思っていない。どうせ上がるし下がるしといったところ」と、

外野の騒音を冷静に受け止めている。


世界ランクで、自分に重圧をかけることだけは避けたいというのが本音だろう。


6月11日 (火)  人間として

必要なのは人間としての弱さを見せることではないか


6月1日 (土)  反論

自分の考えを否定されたり、心ない言葉を見かけたりしても、直接反論はしない方がいいと話します。

反論したところで出口が見えず、気持ちが晴れることはないからです。

トラブルにつながることもあるかもしれません。


2019/6
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

前月     翌月