Diary 2019. 9
メニューに戻る
9月27日 (金)  運命の輪

運命の輪
WHEEL of FORTUNE
Compass Tarot

占者:濱口善幸
ターニングポイントを意味する「運命の輪」のカードが出ました。
「今まさに変化のとき。自信を持って一歩を踏み出すべき」と、
カードは告げています。

もしかすると、最近、身の回りに変化がありませんでしたか? 
仕事の内容が突然変わったり、人間関係に変化が見られたりして、
不安になったのかもしれませんね。

でも大丈夫。あなたの人生が好転するときを迎えているので、
自信を持ってください。

つまり、あなたの質問の答えはイエスです。


9月26日 (木)  女帝

女帝
占者:JUNO

JUNO
今のあなたの願いが叶う確率は90%よ。ゴールに向けて着々と積み上げている様子が窺えるもの。あなたにはその願いを叶えるための実力や才能がすでにあり、あとはまとめるだけという状況ね。

ただ、その「まとめる」ことが進んでいないわ。複数の事柄に目を向けているようだけれど、中には必要のないものもあるはず。今はまだ、どれが重要でどれが不必要なのかを見極められていません。

一度それらを書き出すなどして、客観的な視線で見れば分かってくるわよ。


9月23日 (月)  THE SUN

太陽
THE SUN
Compass Tarot
占者:濱口善幸


成功を意味する「太陽」のカードが出ました。「あなたの考えていることは成功する。思い通りの結果が出る」と、カードは告げています。あなたの質問の答えは、もちろんイエスです!

今、何か新しいことを始めようとしているのなら、自信を持って開始してください。また、恋に悩んでいるなら、あなたの望む結果になります。片想いの相手は、あなたのことが好きなはず。告白するなら今ですよ。

いずれにせよ、自分に自信を持って大丈夫です。


9月14日 (土)  「運命の輪」

「運命の輪」は、チャンスをつかんで運気を上げることを表すカードです。
あなたが今知りたいと思っているその質問の答えは、ズバリ、

「イエス」であると、このカードが告げています。

あなたが知りたいと思っているその質問に関する状況は、
あなたが思っている以上に白黒ハッキリとした結果が出る可能性があります。

それも、それほど遠い未来ではないでしょう。

あなたは結果的には、それなりに満足できる状況を得るはずです。

また、その状況の到来に、驚きを感じるかもしれません。

かなりハッキリとした、「イエス」の答えであるといえるでしょう。


9月13日 (金)  ふとうこう

ふとうこうなんてさ、

やればいろいろ不利になるんだから、
そういうこと承知でやってんだから、
べつにいいんじゃん

      と、わが娘談

正論ですね。


9月12日 (木)  魔術師 THE MAGICIAN


Compass Tarot
占者:濱口善幸


主導権を意味する「魔術師」のカードが出ました。「プラスになるかマイナスになるかは、すべてあなたが主導権を握っている」と、カードは告げています。

あなたの質問の答えはイエス。自分がいいと思うほうに考えて大丈夫です。いろいろ心配事はあると思いますし、トラブルもあるでしょうけれど、あなたさえしっかりしていれば解決します。

大事なのは自分に自信を持つこと。あなたは今、答えを得たのですから、自信を持って進んでください。


9月7日 (土)  皇帝

今のあなたの願いが叶う確率は80%よ。
あなたは、未知のことを恐れず、困難な状況に負けることもなく、自分を信じて前に進んでいるわね。

願いを叶えようとする強い気持ちが、あなたをゴールへ導いてくれるはずよ。

今後、さらに確実さを求めるなら、周りに影響されてはダメ。

協力者がいる場合は、あなたがリーダーシップを取ってちょうだい。

ただし、自分本位にならないよう気をつけて。

周りから信頼されるリーダーでいれば、あなたの力になってくれるわ。


9月4日 (水)  苦しい

もう死にたい。

こんな人生いやだ、なんでこんなに苦しいんだ、もう死にたいって。

私の人生は、いつも苦しい。

だれも私の事なんか気にしていない。

本当に苦しいことばっかりだって思ったんです。

子どもの頃から一時期は回復したけど、ずっと人生が苦しかった。

ずっと、自分ばっかりが苦しい。


9月3日 (火)  甘ったれている

甘ったれている。

自分で客を集め、お金を生み出せないのだから
仕事で、周りに頭を下げるのは、当たり前のこと。

支えるのは、少しでも早く自立してほしいから。
楽をしてもらいたいんじゃない。

私には、無職の夫を許容するだけの懐の広さは、
さすがに持ち合わせていない。


9月2日 (月)  

なんでもないメールが来るだけで幸せな気持ちになるし、
ちょっとした相手の無神経さに異常に傷ついてしまうくらいには神経が過敏になる。

恋は、大抵、負け戦をしているようなものだ。
人間関係に勝ち負けをつけるのはおかしいのかもしれないけれど、
ぼくは自分が報われない恋をして以来、そう考えるようになったし、
もっと言えば、恋愛で負けるのはちっとも悪いものじゃないと思うようになった。

もちろんつらいのは事実だし、今まさに恋をしている人たちからすれば、
負けているのは最低な気分だろうが、じゃあ逆に、自分が勝っている恋愛とやらにどれだけの価値があるだろう?

よく、恋愛テクニックで、「こうすれば優位に立てる!」などと説いているものがあるけれど、個人的には、優位に立った時点で、それは恋愛ではないのではないかと思っている。

優位に立つということは、相手を支配しているということで、
そんな「他人を一段下に置いて自分を愛させるような奴」は、人間的にしょうもないと言わざるをえない。

恋愛は負けて(相手を見上げて)なんぼだし、
もし負けている意識がないのだとしたら、それはただの自己愛か、
もしくは、もっとおだやかで対等な「お付き合い」と呼び方を改めるべきなんじゃないかという気がする。

白岩玄


| 1 | 2 |
2019/9
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

前月     翌月