Diary 2020. 5
メニューに戻る
5月24日 (日)  守護霊から

結果や条件にこだわると結果がでません。
結果を出さなければというプレッシャーが、マイナスの波動を引き寄せてしまうからです。

結果はどちらでもいいという余裕を持って取り組むことが大切ですよ。


5月22日 (金)  体たらく

「危機に臨むリーダーに必要な資質は4つある。最悪の事態を想定して事に当たること、スピード感、情報公開、そして最も重要なのは、“やるべきことは法律を踏み越えてでもやる”と決断し、結果に責任を負う覚悟を持つこと。“自分は使い捨てでいい”という吉村氏にはその覚悟がある」

それに比べ、自民党の次期リーダー候補はことごとく国民を失望させた。

西村康稔・経済再生相は吉村氏に政府の出口戦略を批判され、
「休業要請も解除も国ではなく知事の裁量」と責任転嫁。
加藤勝信・厚労相は同省通達の「37.5度以上の熱が4日以上」というPCR検査の目安を「国民の誤解」とすり替えた。

「自分の首をかけて緊急事態に立ち向かう覚悟を持った政治家と、そうでない政治家の差が国民に見えた。だからこそ、多くの人には吉村氏こそ“危機下のリーダー”に相応しい政治家と映っているのでしょう」

※週刊ポスト2020年6月5日号


5月4日 (月)  破壊

既存の秩序があっという間に破壊


5月3日 (日)  昔住んでいた家の夢

昔住んでいた家の夢


あなたが現実に嫌気がさしているサイン。

今の生活に神経をすり減らしているようです。

深層心理が、あなたの心のバランスを取るために見せている夢と言えるでしょう。


5月2日 (土)  地の時代が終わり

地の時代が終わり
一度1981年に風のエレメント天秤座で起こり
次は2020年12月19日夜に木星は水瓶座に入ります。
そのあと水瓶座にある。
土星と木星が重なります
風のエレメント同士で20年毎に
グレートコンジャンクションが起こります

ここからは風の時代
地の時代から風の時代へ
時代の切り替わりの時期

確かに1980年以降急速に次の風の時代に
向けて風を象徴するもの
コンピューターや通信の発達が目まぐるしい進化を遂げてます

地が表すもの
現実志向
物質、目に見える確かな価値のあるもの
土地や権利、遺産を巡り現実的な部分での争いも多かった時代

風が表すもの
情報・コミュニケーション・通信・知性
カタチのないもの


5月1日 (金)  物差し

ご自分の経験のみを物差しにするのか、
他者の目線をも物差しにできるかで、
見えてくる答えは変わると思います。


2020/5
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月